スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

チョコ絵巻

曇り曇りでのびのびしないように多肉ズは絶賛断水中
そんな中でふと目に付いたこいつ


けばー


ハオルチア チョコレート×ベヌスタ Ya-1 (チョコ絵巻)

今年買ったハオ福袋に入ってたヤツ
正直ベヌスタ交配は飽きていたのですが(一時期はまった)
なにこの渋かっこいいのは!


けばけば


日照不足で成長点が程よく渋緑
到着したときは真緑のべろんのびんだった草姿も詰まってきていい感じ


チョコ色のけばけば


いいよー
しぶいよー
スポンサーサイト
 

袋雪ノ下

梅雨らしいなどんより
我が家の植物置き場は絶妙な湿気溜りに位置しているのだけれど
今年はカビやらキノコやらが酷く蔓延ってる
朽木があるのもいけないのだけれど除去するにも苦労する大きさだから放置されてる

そしてエケのホワイトローズがカビの餌食に…
数年、健康が取り柄だったから油断した…
切った花芽から侵食されてる
壊死したものは極力除いて殺菌してみたけどどうだろう
引っこ抜いて乾燥か、健康な葉を挿した方がいいかな
様子見


セファロタス


Cephalotus follicularis

この湿気で元気なヤツ
セファロタス、和名のフクロユキノシタって言い方が好きだ

2月頃にオクで落としたもの
たまにホムセンでお安く手に入ったりしてしまうのだけれど
もう我慢できなかった(出会いがなく幾年)
だいたいの相場で落とせたので良し


新しい袋


うちに来てから一つ新しい袋が展開
ハエトリと同じ場所においたら少々日差しが強かった模様
棚下に引越ししたところ快適そう

セファロタスの育て方に関しては色々情報が錯綜していてよく分からない
とりあえず乾燥させないで凍らせないで…
って、いつも通りの食虫の管理じゃないか
保湿の蓋を被せるかどうかは顔色伺いつつ、だな


……


わらっと


一輪しか咲かなかった
と思ったらわらわら咲き始めたクリオネ
なんで急に調子いいのか本気で聞きたい  

雨の季節のスイレン

どうやら某所では真夏日を記録したようだ
だがしかし梅雨が明けたわけではなく
明日には入梅かっていう本日


二番花


温帯スイレン アー・カン・シエル

咲いております
二番花の二日目
一日目はもっとピンクが濃くて徐々に白くなる
一番花は四日ぐらい咲いてたな


タニシさん


今年はタニシを拾ってきて入れてみた
というもの、植替え後に水のにごりが消えなくてタニシがどうにかしてくれると思って
結果、特に目立った成績は上げられず、しばらく水は濁ったままでありました

ところがしばらくして、スイレンの生長がむくむく始まると水の濁りはいつしか消え
水鉢のそこまで見えるようになったのでありました

以上のことから植替え時に入れた元肥が水の富栄養化を助長させ濁りの原因となっていたが
スイレンが生長し肥料分を消費することで水の濁りが消えた、と

そういうわけでいいでしょうか?


そうそう
熱帯スイレンのドウベンさん
掘り起こしてイカみたいな球根を植えなおしていたのですが

どうやら死亡していた模様
無念
いつまで経ってもうんともな状態だったので再ひっくり返してみたら
球根の中身がすっからかん
ついでにアカムシっぽい何かが発生していてうへぁーっ!

水鉢も再リセットして今度は温帯スイレンのマンカラウボン植えときました
こっちも水が濁ってるんだけれど
マンカラさんの生長とともに引いてくれるかな?
などと思いつつもうすぐ二週間だけれど濁ったままなのはなぜだろう


ハス導入


去年アー・カン・シエルが住んでいた鉢にはハスを導入しました
蜀紅蓮、蕾は二つあがってきています

ハスって水食う植物なのだろうか
この鉢やたら水が減るのだけれど…
鉢穴をゴム版でふさいだ水鉢だからどこかから漏れてる可能性も…
そもそも普通の植木鉢だから側面からの蒸散が大きいのだろうか…
うーむ…  
プロフィール

カタエダ

Author:カタエダ
多肉植物と食虫植物が好きな人。
万年初心者。

ツイッター
日常、ゲームやら漫画やらの雑多なことを呟き中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。