スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

アトロプルプレアの片鱗

初夏な天気だった
ところで去年の5月も寒いとか言ってたよ自分


あかいふた


Sarracenia flava var. atropurpurea NO.2
札まま。なんばーつーって何

いわゆる赤フラバ
去年の6月にサンシャインで本物ってふれこみで購入したもの
しっかりとしたトラップ展開は初
流石、蓋が見事に赤いねー


あとろぷるぷれーあ?


赤いの蓋だけだったねー


あれ?


あとろぷるぷれあっつったら
眩いばかりに全身真っ赤になる予定なのだが

赤くなる要因は何だろう
日照量か、株の成熟度か…
一番考えられるのは日照量
多肉と同じ場所においてあるから現在遮光30%
直射に当てると真っ赤になるとか?

ふむ、来年以降の課題(場所変えめんd)


なんかずっといた


そしてカエル
君は鉢をくるっくるまわしてもしぶとくずっと居たなw
スポンサーサイト
 

Comment

No title

多分日照量が足りないんだと思います。
赤フラバについて海外のサイトでは「遮光してはいけません。最高の色を出すには13時間以上の直射日光が必須です」 なんて書いている所もあるぐらいですし。
それか植え替えのせいかもしれません。赤フラバは植え替えをせずに2、3年目を迎えると
真っ赤になるという話もあります。参考までに(^^

>隠れねずみさん

遮光のせいでしたか。
葉色の発色に日光が必要なのは多肉も食虫も同じなんですね~
それにしても直射13時間越とは…
植替えしないとミズゴケの痛みやら根詰まりが気になってしまいますが
もしやそのストレス故の発色だったり?

いつか真っ赤に染めてみたいですね
非公開コメント

プロフィール

カタエダ

Author:カタエダ
多肉植物と食虫植物が好きな人。
万年初心者。

ツイッター
日常、ゲームやら漫画やらの雑多なことを呟き中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。